生体信号計測装置「FARG(ファーグ)」を利用すると四肢麻痺・筋ジストロフィー・ALS 患者様でもパソコンの操作を通じてコミュニケーションが可能となります。

よくある質問

現在このページは作成中です。
今しばらくお待ちください。

このページの先頭に戻る