生体信号計測装置「FARG(ファーグ)」を利用すると四肢麻痺・筋ジストロフィー・ALS 患者様でもパソコンの操作を通じてコミュニケーションが可能となります。

ファーグの使い方

現在、このページは作成中です。
今しばらくお待ちください。

現在詳細マニュアルを作成中です。簡易マニュアルをご用意しておりますので、ファーグの装着方法・使用方法・操作方法については、簡易マニュアルをダウンロードし、内容をご覧ください。

簡易マニュアルのダウンロードはこちらPDFファイル

PDF形式のファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、下のバナーから無償ダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロード

簡易マニュアル 目次

  • 1 ファーグの装着方法

    01

  • 2 ファーグの電源の入れ方

    03

  • 3 ファーグ設定の組み合わせ

    03

  • 4 ファーグLEDの意味

    03

  • 5 ファーグの起動と終了

    04

  • 6 操作方法

    05

  • 7 画面とタスクトレイの説明

    06

  • 8 タスクトレイ

    08

  • 9 眼電位・筋電位レベルの設定について

    09

  • 10 動作選択

    10

  • 11 オプション設定

    12

  • 12 ファーグ全体詳細

    13

このページの先頭に戻る