生体信号計測装置「FARG(ファーグ)」を利用すると四肢麻痺・筋ジストロフィー・ALS 患者様でもパソコンの操作を通じてコミュニケーションが可能となります。

新着情報

お知らせ 第12回 コミケンフォーラムに参加しました

2014年11月17日

11月2日(日)「ながさきコミュニケーションエイド研究会」主催の、コミケンフォーラムに参加し、ファーグの展示をさせて頂きました。

コミケンフォーラムでは、講演会をはじめ、医療・福祉機器の展示・体験コーナーのブースが設置されていました。ファーグも、コミケンフォーラムを通して、リハビリ施設の方々や患者様との関わりをもつ事ができ、大変貴重な経験となりました。ブースにお越し頂きました皆様誠にありがとうございました。

ながさきコミュニケーションエイド研究会は、障害によりコミュニケーションやインターネットなどに困っている方への支援を目的に医療・福祉・教育・行政・エンジニアで結成されたボランティアグループです。相談受付・コミュニケーションエイドや周辺機器の紹介、支援者とのネットワーク作りをおこなっているそうです。

DSC00733

このページの先頭に戻る